MENU

メニエール病とはどんな病気なのか

耳鳴り

 

メニエール病とはめまいや耳鳴りが特徴の病気です。人によって症状には個人差があり、少しふらつきを感じる程度の人もいれば、立っていられないほど目の前がぐるぐる周ってしまい、座っても横になっても症状が続いてしまうのが特徴です。

 

30分程度で症状が落ち着く人もいれば、数時間症状が続く人もいます。また症状の頻度も人それぞれなので、人によってはただ体調が悪いだけだと捉えてしまうことも少なくありません。めまいと共に頭痛や吐き気を伴ったり、耳鳴りや難聴といった症状を感じることもあるので、自分の体調がいつもと違う場合にはメニエール病の可能性があると考えて早めに医療機関を受診するのがおすすめです。

 

その場合、おすすめなのは耳鼻科です。しかし強い頭痛などがある場合には脳神経外科を受診するのも良いでしょう。自分で何科が良いか判断を迷う場合や、近くに専門性の高い病院が無い場合には内科を受診して医師に判断を仰ぐと良いでしょう。

どうしてメニエール病になってしまうのか

内耳と呼ばれる耳の部分に内リンパ液が増えすぎてしまい、身体の平衡感覚が狂うことで様々な症状を引き起こすのがメニエール病の原因と考えられていますが、どうしてそのような状態になってしまうのかは現代医学が発達した現在でもはっきりとした原因は解明されていません。

 

しかし過度なストレスを感じている人がなりやすい傾向にあることが統計からハッキリしているため、日ごろから上手にストレスを発散していくことが病気の予防には不可欠です。

 

 

30代から50代ごろの女性に起こりやすい傾向があると言われていますが、男性でも発症する人は大勢います。また20代のような若い年齢でも症状を感じることがあります。

 

耳の不調に関しても、片耳だけ調子が悪いように感じる人もいれば、両耳のどちらも音が聞こえにくくなったり耳鳴りが激しくなったりする場合もあるため、他人の症状がそのまま自分に当てはまるものではないことを頭に入れておくと良いでしょう。

どんな治療を受けるのか?完治はするの?

メニエール病の治療法にはいくつかの種類がありますが、薬物療法が多く用いられます。

 

辛いめまいや吐き気を抑える薬を服用し、必要に応じてビタミンや抗ヒスタミン薬も摂取します。吐き気がひどくて服用が難しい場合には点滴治療を受けることもあります。症状がひどい場合には内耳に溜まった内リンパ液を取り除いたり、平衡感覚をつかさどる神経を取り除く手術を受ける場合もあります。

 

しかし基本的に外科手術は最終手段として用いられることが多く、それまでに薬物療法や食事療法、生活習慣の見直しなどで少しずつ体調を良くしていく方法が用いられるのが特徴です。

 

100%完治するのは難しい病気ですが、出来るだけ早期の段階で治療をスタートすることによって症状を改善していくことが可能な病気なので、大切なのは早めに自分の体調の変化に気が付いて適切な治療を受けることです。そのためにも日ごろからストレスをため込まず、何でも相談できるかかりつけ医を持つのがおすすめです。