MENU

眼振検査に2種類の検査があります

耳鳴り

 

めまいの症状がある場合、原因を探るために検査をする眼振検査があります。この検査は、眼球の動きに異常がないかを調べる検査で、めまいが起きている時は眼球が一方に片寄ったあと、中央に戻る動きの眼振があらわれることがあり、目眩の起こりやすさを診断することができる検査です。

 

眼振検査では内耳の障害がある場合や、小脳や脳幹に障害があることなどがわかります。

 

 

眼振検査には2種類がり、注視眼振検査は物を注視した状態で眼振があるかを調べます。頭を動かさずに視線を上下左右に動かし、その際に眼振があらわれるかを検査します。もうひとつは非注視眼振検査で、物を注視しない状態で眼振が起こるかを調べます。

 

目の焦点があわないようにするため特殊な検査用眼鏡をかけて調査します。検査用眼鏡は厚い凸レンズで、かけるおkとで目の焦点があわなくなって物が見えにくくなりますが、眼科医からは目が大きく拡大されるので眼球の動きがよく観察できるようになります。

体平衡検査は平衡機能検査のひとつです

平衡検査で平衡機能が正しく働いているかを調べる検査がありますが、その中のひとつが体平衡検査です。

 

 

体平衡検査は足踏みをして立っている位置を移動しないか調べる足踏み検査、裸足で台の上に立って台を傾けてどのくらいの角度まで耐えることができるかという偏り検査、前脚のかかとと後ろ足のつま先をつけて立って、目を開いた時と目隠しをした時の体の動揺の状態を検査したり、目隠しして真直ぐ歩けるかの体平衡機能検査、椅子に座って回転させてめまいが起こるか、眼振が起こるかという回転検査などの検査があります。

 

 

体平衡検査の他にも平衡機能検査にはいくつかあり、平衡機能検査では三半規管や視覚、深部知覚などを調べて平衡機能が正しく働いているかを調べます。

 

平衡機能検査をして異常がわかった場合は、中枢性なのか抹消性なのかが判断できます。中枢性の場合は聴神経腫瘍、小脳の障害、頭部外傷、脳出血や脳梗塞などが原因であったり、抹消性の場合はメニエール病、突発性難聴、内耳炎などが考えられます。

メニエール病に有効な検査について

聴力検査もめまいの検査で行ないます。聴力の検査は目眩に関係ないように思いますが、めまいと聞こえの神経は近い場所にあります。耳が聞こえにくい場合、目眩を感じることもあります。特に激しい回転性の目眩を感じるメニエール病は聴力検査が有効で、ヘッドフォンを耳に装着して高低音の音を聴き取る検査です。

 

様々な病気で引き起こさせることがあり目眩は、耳の病気やメニエール病などが考えられます。メニエール病は初めの数週間や数ヶ月に1度目眩を感じる頻度であってものが、次第に難聴や耳鳴り、耳が詰まったような閉塞感をともなう症状になります。激しい回転性の目眩を感じるため吐き気や嘔吐を伴うこともあります。この状態が数十分から数時間続いて徐々に回復していきます。注意したいのは自然に症状が治まるため放置してしてしまうことで症状が進行することが考えられます。症状が進行すると聴力に障害がでたり、重度になってしまうと全く聞こえなくなる可能性もあります。